民事訴訟

民事訴訟 · 23日 7月 2018
債権回収代行業者は「債権管理回収業に関する特別措置法(サービサー法)」に基づいて債権回収を行っているが、消滅時効が完成した債権の譲渡または回収委託を受けて、支払督促や訴訟による取り立てをすることも多い。 そのような場合、訴訟上で消滅時効の援用をすれば、通常は債権回収代行業者が訴えを取り下げる。...
民事訴訟 · 13日 5月 2018
平成29年12月6日、NHK受信料の支払義務を認める最高裁大法廷判決が下されました。<判決文> それにより、「NHKから過去十数年分の受信料を請求された」という相談が増加しています。 そのような請求を受けた場合でも、消滅時効が完成している可能性があります。 「時効の援用」をすることによって、受信料の支払い義務は消滅します。...
民事訴訟 · 24日 3月 2018
クレジットにより料金を支払ったものの、ちゃんとした商品やサービスの提供が受けられなかった等のトラブルが増えています。 そのような場合、民法・消費者契約法・特定商取引法・割賦販売法・電子消費者契約法といった法律を使ってトラブルを解決していくことになります。...
民事訴訟 · 15日 11月 2017
住所移転のために引越しをする際、賃貸人と賃借人との間で、原状回復に関してトラブルになってしまったという事例がとても多いです。 経年変化および通常の使用によって生じた損耗は、原則として賃借人に原状回復をする義務はありません。...
民事訴訟 · 17日 2月 2017
近年、クレジット取引は消費者の見えない部分で複雑化しており、取引被害に遭う人が増加しています。 それに対応して、法律の改正も継続的に行われていますが、対応しきれていないのが現状です。 クレジット取引被害の回復を難しくしている原因は、ずさんな決済代行業者の関与や国際ブランド(VISAやMasterCardなど)の普及による越境問題化があります。...
民事訴訟 · 06日 1月 2016
平成28年1月5日から 、 司法書士の簡易裁判所における代理権の活用を推進することを目的とする「東京司法書士会少額裁判報酬助成制度」の運用が開始しました。 利用要件に該当して審査に通った場合、 司法書士への報酬の一部を東京司法書士会が負担してくれます。 ①訴額が50万円以下で、司法書士が簡易裁判所における訴訟又は調停の代理人になること。...
民事訴訟 · 26日 12月 2015
婚姻関係にある者(A)が不倫をして不貞行為(配偶者ではない相手と肉体関係を持つこと)に及んだ場合、配偶者(B)に対して不法行為に基づく損害賠償責任(民法709条)を負います。 また、不貞行為の相手方(C)が婚姻関係にある場合には、Aは相手方の配偶者(D)に対しても損害賠償責任を負うことがあります。...
民事訴訟 · 19日 12月 2013
 法務大臣の認定を受けた司法書士は、簡易裁判所において取り扱うことができる民事事件(訴訟の目的となる物の価額が140万円を超えない請求事件)等について,代理業務を行うことができます(簡裁訴訟代理等関係業務)。   それだけではなく、代理人として裁判外で和解交渉をすることも可能です。...
民事訴訟 · 06日 12月 2013
訴訟を起こす前に、通常、内容証明郵便を相手方に送ります。 内容証明郵便には 「①証拠力を得る」 「②心理的圧迫を加える」 という効果があります。...
民事訴訟 · 21日 11月 2013
「誤って間違った口座に振り込みをしてしまった」 そんなことはそうそうあることではありませんが、ないとは言えません。 振り込んでしまったお金は返してもらえるのでしょうか? 答えは、勿論返してもらえます。 民法第703条...

さらに表示する

法テラス-日本司法支援センター相談登録司法書士(民事法律扶助)

高田法務司法書士事務所

〒186-0003

東京都国立市富士見台3-36-6

ホワイトセンチュリー三田401

TEL : 042-505-9546

FAX : 042-505-9547

 

ホワイトセンチュリー三田
ホワイトセンチュリー三田